×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プリザーブドフラワーの作り方

プリザーブドフラワーって



プリザーブドフラワーというのは、専用の溶液を用いて生花を美しい姿で長時間保存することが出来るように特殊加工した花のことです。
生花だと長持ちしないし、ドライフラワーだと色も少しくすんでカサカサした感じがありますが、プリザーブドフラワーだと生花と見間違えるほど柔らかくみずみずしく条件が良ければ10年近く持ちます。
プリザーブドフラワーは1991年にフランスのヴェルモント社によって開発され、その後世界中に広まりました。
生花を専用の溶液で一度脱色し、その後着色するので自然にはない色でも作り出すことができます。
結婚祝や出産祝、入学祝などのギフトにプリザーブドフラワーは使えますし、結婚式にはウェディングブーケにすると柔らかくてみずみずしいプリザーブドフラワーはぴったりです。

プリザーブドフラワー    プリザーブドフラワー    プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワー花材でアレンジ



まずはプリザーブドフラワー花材をお店で購入して自分なりにアレンジしてみましょう。
ソフトな風合い、みずみずしさ、鮮やかな色に楽しくなってくるでしょう。
自然にはない青いバラや梅雨時にしか映えないアジサイも年中見ることができます。
最近はプリザーブドフラワーのスクールに通って、資格を取ったり、アレンジを学びたい人が増えています。
代表的なスクールには日本プリザーブドフラワー協会 JPFA、プリザービングフラワーズ協会、プリザーブドフラワーデザイン協会、エコールド・プリザーブド・フラワー・ジャポン EPJ、J.フローラル アーティスト協会 JFAAというのがありますので、ご希望の方は問い合わせてみてはいかがでしょうか?


プリザーブドフラワーの作り方



プリザーブドフラワーを自分で作りたい人もいるでしょう。プリザーブドフラワーの製作キットが販売されています。
まずはそれを購入しプリザーブドフラワー作りにチャレンジしてみましょう。慣れれば自分なりにアレンジの幅を広げていきましょう。
キットはインターネットでも販売しています。いろいろありますが、プリザーブドフラワー液 1液くん、ブライダル・ベル粳間のプリザーブドフラワー作成液がおすすめです。
使用後のプリザーブドフラワー液は水で薄めて下水に流せばいいです。
また、作ったプリザーブドフラワーは直射日光に当てたり、エアコンやヒーターの風が直接当たらないようにしましょう。色あせやひび割れの原因となります。
好きな花を、好きな色に染めて、手軽に家庭でもプリザーブドフラワーをアレンジメントしてみたり、ブーケを作ってみたら楽しいひとときを過ごせるかも。


>>宮下先生が教える、”魔法の花”プリザーブドフラワー講座(DVD付)



「プリザーブドフラワーで楽しくアレンジ」について

プリザーブドフラワーのアレンジや作り方を紹介します。

オープントゥパンプスを履きこなそう♪IENAのワンピースで上品な女性へ♪ジルスチュアートのワンピースで決めるっ!愛されモテ子育成恋愛講座シャンプーの成分が知りたい宮下陽子先生が教える、プリザーブドフラワー講座久保裕のアトピーを治す方法脱毛クリームノーリーズ スカートモロッカンオイル看護師 中途採用

Copyright (C) プリザーブドフラワーで楽しくアレンジ All Rights Reserved.

リンク集1リンク集2リンク集3リンク集4
健康維持